アイサイトの有無でカスタムの幅が大幅激減!?

広告

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!
ディーラーでは10万円の下取りが、
買取業者では50万円になることも
多々あります。
買取サイトを使うことで、
会社独自のルートで手続きするため、
結果的に値段が上るのです。

ドライバーをアシストするアイサイト、有名ですよね。
搭乗者に安心と安全を与えてくれます。
ですが、そのアイサイトはカスタムをするとなると、
邪魔な存在になります。

アイサイトは邪魔?

アイサイトがあることにより、
様々なことに支障をきたします。

フロントガラスの占有

アイサイトは前方を監視するにあたり、
苦手なものがあります。

それは、光の反射です

最近はドライブレコーダーを
搭載する車が増えてきました。
そのドライブレコーダー、
装着に戸惑いませんでしたか?
自動ブレーキ非搭載車は
センターに付ければ済む話なのですが、
アイサイト等のカメラがついた車両は、
光の反射を懸念して、
フロントガラスの
フリーエリアがかなり狭いのです。
画像をご覧ください

黄色いエリアはアイサイトのカメラに
影響が出る可能性のあるエリアです。
そのエリアには、光が反射ものを
置くことを避けて置くように、
指定しています。

サスペンションのカスタム

アイサイト搭載車はサスペンションの
カスタム幅が激減します。
(主に車高を下げること)
サスペンションをカスタムすると、
アイサイトのカメラにズレが生じます。
アイサイトはノーマル状態で
セッティングされているからです。

フロントガラスのコーティング

フロントガラスにガラコなどの
コーティング剤を塗ると、
水滴が撥水されます。
その結果、小粒の水滴の影響で
光の反射がカメラに直撃してしまう
可能性があるためです。

ワイパーブレードを社外品に変える

ワイパーブレードを
交換することによって、
純正品と太さが変わってしまい、
カメラに支障が出る
可能性があるためです。

それでは

インプレッサを値引き金額から更に安くする方法

「このインプレッサ、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、インプレッサの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

広告

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!
ディーラーでは10万円の下取りが、
買取業者では50万円になることも
多々あります。
買取サイトを使うことで、
会社独自のルートで手続きするため、
結果的に値段が上るのです。

広告