インプレッサにはどんなオプションやパーツが付けられる?

広告

どんなオプションがある?

インプレッサには、どのようなパーツがあるかといえば様々なパーツがあるのは答えになりますが、オプションパーツといえば限られてきます。オプションパーツと呼ばれるものは、主にメーカーかその子会社が行っているものでパーツの種類に限りがあることは理解できるでしょう。
まず一つ目は、運転を助けるものになります。これを作動することにより、運転自体が非常に快適になるだけでなく、魅力的な世界観を作り上げるのが特徴になります。具体的にどのようなものがあるかといえば、最近よくはやっている自動車の前の部分についているカメラです。後ろの部分に関しては特に目新しいものではありませんがフロント側についているものに関しては比較的真新しいものになります。自動車の先っぽが死角になりますのでこの部分を見えるようにし、こすったりへこませたりすることを防止するのが目的になります。
また、ミラーを自動でたたむ仕組みもありますがある意味、走りと関係あるとはいえないかもしれませんが便利な部品の一つになるといっても過言ではありません。それ以外でも、動画などをとることが出来る機械をつけることにより記録を残しておくことは可能です。

パーツは?

パーツに関しては、細かいものでいえば室内をよりドレスアップするものが考えられます。例えばどのようなものがあるかといえば、一つはグリルの部分を変更するものです。これを変更することにより、見た目を一新することができるでしょう。それだけでなく、ほかのインプレッサとはまた違ったイメージを作ることが可能になりますので、より有効といえます。料金はおよそ¥40000ほどになりますが、これに工賃がプラスされる形となるものが請求されると考えておきましょう。
それ以外では、ライトなども様々な種類のものがあります。イエローのものと透明のものがありますので、フォグランプに関してはどちらも選択することができるのが特徴になります。走りを重視した自動車に関しては、空気の流れを良くするために車の横の部分を空気抵抗をなくすパーツをつけることにより加速が可能になるでしょう。
スポーツパースを魅力的になりますが、これはSTIと呼ばれるブランドから発売されているものになります。富士重工のファンの人は、この部品を見るだけでも気分が高揚する可能性があります。例えばシフトノブもマニュアルの場合にはカッコいいものに取り換えることで運転する気力が高まりモチベーションが上がるのは間違いありません。

広告

ナビも

カーナビゲーションも、オプションの一つとして組み込まれているのは今でもありません。最近は、つけるのが当たり前になっていますがこれを無理して付ける必要はないもののやはりつけた方が便利になるといえるでしょう。基本的に、時間の短縮になるのは言うまでもありません。例えば目的地に行くのに最短ルートを知っていれば問題ありませんが、そうでない場合はカーナビゲーションに頼ることで時間をむだにすることはなくなります。その人の価値観によっても異なるところですが、時間は非常に重要で基本的に車を運転することを目的としていない場合には移動するだけの時間を可能なかぎり短縮させることで、少しでも無駄な時間を減らした方が便利です。そのような意味で、カーナビゲーションを設置すれば大いに時間の短縮が実現できます。
これに加えて、金銭的な負担も小さくなるといえます。もちろん設置をすることにより金銭的な負担はるかもしれませんが無駄に動くよりもガソリン代を減らすことができるでしょう。特に渋滞予想に関しては、あらかじめ裏道を設定してくれるものを利用すればその分不必要にアイドリングをせずに金銭的な負担を少なくすることが可能になるわけです。

広告