インプレッサのオイルについて詳しく紹介!

エンジンの潤滑油となるオイルですが、
インプレッサに使われているのはどのようなものなのでしょうか。

広告

量や粘度は?

はじめに、インプレッサに使われている
オイルの量を見ていきましょう。
インプレッサのシリーズ別に分けてみました。

オイルの量

インプレッサ

オイル交換:4L
+フィルター交換:4.2L
※GVB,GRB,GDB,GVF,GRFは4.3L

インプレッサスポーツ

GTシリーズ
オイル交換:4.2L
+フィルター交換:4.4L

GPシリーズ
オイル交換:4.6L
+フィルター交換:4.8L

インプレッサG4

GKシリーズ
オイル交換:4.2L
+フィルター交換:4.4L

GJシリーズ
オイル交換:4.8L
+フィルター交換:5.0L

インプレッサアネシス

オイル交換:4.0L
+フィルター交換:4.2L

インプレッサスポーツハイブリッド

オイル交換:4.6L
+フィルター交換:4.8L

インプレッサワゴン

オイル交換:4.0L
+フィルター交換:4.2L
※GGA,GGBは4.3L

基本的にエンジン出力2000ccを境に
量の変動が見られます。

続いて粘度を見ていきましょう。

オイル粘度

オイルの硬さを表す○Wですが
数字が柔らかいほどサラサラしてます。
数字が大きくなるにつれて、
粘度が増しとろみが出てくると考えてください。

インプレッサ

GHシリーズ※GH8を除く
GDシリーズ※GDBを除く
粘度:0W-20

それ以外のシリーズ
粘度:5W-30

インプレッサスポーツ

全シリーズ
粘度:0W-20

インプレッサG4

全シリーズ
粘度:0W-20

インプレッサアネシス

全シリーズ
粘度:0W-20

インプレッサスポーツハイブリッド

全シリーズ
粘度:0W-20

インプレッサワゴン

GGA,GGB
粘度:5W-30

それ以外のシリーズ
粘度:0W-20

全体的に柔らかいオイルを
使用しているようです。

夏は硬めのオイル、冬は柔らかめのオイルと
聞いたことがあるかもしれません。
ですが最近は関係ないみたいです。
逆に純正より硬くしてしまうと、
エンジンを痛めてしまう可能性も出てきます。

広告

交換時期は?

オイルの交換時期は基本的に、
半年に一度くらい、
3000kmを走行したらと言われています。

ですが、納車したての場合は、
1か月での交換をお勧めします。

乗り始めたばかりの頃は、
エンジン内にバリやゴミが取りきれてない
可能性があるからです。

最近では納車したてで、
そこまでの頻度では必要ないみたいですが、
心配な方は交換するのもいいでしょう。

交換費用は?

オイル交換に必要な費用ですが、
基本的にオイル代+工賃です。
自分で交換できる方はオイル代のみで済みます。
ですが、大体はカーショップなどに依頼をするでしょう。

オイルにも様々なブランドがあります
カストロール
モービル
等、聞いたことがあるかもしれません。

その中にもさらにグレードや粘度分けがされているため、一概にこの値段とは言えません。
例を挙げるとすれば、モービル1の0Wは7000円くらいします。

最近は量り売りのオイルも販売しています。
4Lを超えるとどうしても1缶では足りず1L缶を買うことになります。
そうなると、費用がかさんでしまいますし、オイルも余ってしまい、勿体無く感じてしまうかもしれません。
そんな方には量り売りのオイルがおススメです。

量り売りといえど、全く知らないメーカーを使っているわけではないので、安心できると思います。

それでは

広告