インプレッサのシリーズの特徴や機能について

広告

ラリーカーで有名に

インプレッサは、富士重工の自動車になりますが、一番の特徴といえるのはSTIになります。これは、もともと競技用の自動車としてラリーに出るためにつくられた自動車になります。ラリーに出るためには、同じ車を市販車として2000台以上販売しないといけません。

国内にそれだけの実績ができた場合や海外で売ってもかまいませんが海外でそのような実績ができた場合に初めて協議車両としてレースに出ることができるわけです。
実際にインプレッサはどうだったかといえば、かなりの人気車種となり2000台どころか20000台を軽く突破することになりました。もともと日本では、馬力の制限があり最大で280馬力までしか出すことができませんでしたが、初代インプレッサはそこまでいかなかったものの、2台目以降からパワーアップし装置しばらく高い馬力つまり280馬力を出すに至りました。

エンジンも、2000CCのエンジンですのでほかの自動車に比べると排気量が少ない傾向にありますが、それにもかかわらずインプレッサよりも排気量が多い自動車よりもスピードでは上回っていました。
これは、エンジンの性能がいいだけでなく足回りなどもしっかりしている点です。足取りがしっかりしていれば、コーナーリングで有利になり相手との間を詰めることができます。その一方で、直線は強力なターボエンジンが見方をしてくれ、ほかの車を一気に抜き去るようなことも決して難しくはありません。

広告

値段相応の機能や性能

いくつかの魅力はありますが、値段がそれなりに高いのがネックになります。ただ、値段が400万円前後なことを考えても決して高くはないと言えるでしょう。なぜそれだけの値段がしながら高くないかといえば、それは値段以上の足回りやエンジンになっているからです。

実際に400万円程度でそのような自動車に乗ることは難しくたいていの場合はもう少し排気量が高く3000CCぐらいないと実現することができません。ならば、インプレッサを3000CCにしてしまえばよいのではないかと思われるかもしれません。確かめそれを実現することは決して不可能ではありませんが当然その分レースに出ることができなくなってしまいます。

そして、それだけの排気量があれば、ライバルの自動車たちもかなり強いところもいますのでわざわざ敵が多い所に殴り込みをかける必要はないわけです。
しかも自動車業界の場合には、ある程度形が出来上がっている部分がありますのでいきなり飛び込んだとしてもなかなかうまくいかない可能性の方が高くなります。
それ以外のインプレッサは、競技用の車両としてではなく一般人が乗車するようなものとしてつくられています。

それゆえ、特別エンジン性能が良いわけではありませんが、安全性のはほかの会社よりも高いとされているのが特徴になります。とにかく、あらゆるトラブルが発生することを考えており可能なかぎり運転者が大きな被害を受けないように考えられています。

広告