インプレッサは運転しやすい車?

広告

運転のしやすさは?

インプレッサはイメージによって、初心者には厳しく、中級者以上でなければ難しい印象があります。
しかし、これはあくまでもイメージによるもので、実際は初心者や上級者を問わず、誰でも快適な運転が楽しめるといえるでしょう。
運転がしやすいと感じられるポイントとしては、兎に角視界が広く視認性が良好で、全長的には車庫入れが容易といった点が挙げられます。
視界の広さは車選びにおける重要な要素ですし、良く見える分、車の状態が手に取る感じの感覚で分かるようになります。
勿論、これには個人差がありますが、インプレッサは少なくとも多くの人に対して、視認性からなる快適性を提供しています。
小回りは標準的でそれなりですが、加速時に暴れたりはしませんし、カーブの操作性も良好で総合的に運転しやすいです。
基本的に、日本車はインプレッサに限らず乗りやすい傾向で、運転のしやすさに関して癖の強い車は殆どないです。
中でも、スバルは運転の快適性に力を入れる企業ですから、インプレッサもまた楽しくストレスを感じない運転が味わえます。
玄人好みの印象は少なからずありますが、誰が乗っても運転は楽だと感じられますし、初めての運転でも難しく思えたりトラブルが生じることは稀です。

安全性はどう?

運転のしやすさに力が入るインプレッサですが、一方では安全性も重視されています。
伝統を大切にしつつ、新しい技術も積極的に採用するスバルは、カーブにおける安定性を維持しているのが特徴です。
世代が新しくなる毎に、着実な進化を遂げていますから、カーブ時に車体が大きく揺れる心配はないです。
危機回避性能も高められており、ステアリング操作に反応する応答性によって、緊急時の危機回避も容易に行なえます。
スバル自慢のアイサイトは、このインプレッサにも採用されていて、予防安全という観点で安全性を引き上げています。
交通事故ゼロを最終的な目標として、衝突回避支援や疲労感に影響する運転負担軽減に、視界の拡張といった工夫で実現に近付きつつあります。
車体にはカメラが搭載されており、前方を映像的に捉えて分析を行い、そして状況に合わせた運転サポートが提供されます。
第三者機関による評価では、インプレッサの安全性は最高ランクと認められているので、客観的な評価も抜群です。
アイサイトの搭載車は非搭載車と比べて、何と追突事故の発生率が84%も減少しています。
これは数字が認めている安全性に間違いなく、ドライバーが守られる安心感や、歩行者を傷付けずに済む魅力でもあります。

広告

自動ブレーキについて

自動ブレーキはサポカーSワイドとサポカーSベーシックプラスによって、それぞれ対歩行者と対車両で対応が異なります。
インプレッサの場合は、ステアリング連動ヘッドランプ搭載車が前者、非搭載車が後者にあたります。
前者の自動ブレーキ機能は、ペダルの踏み間違いの際に、加速を抑制したり車線の逸脱を警告するものです。
先進のライトも搭載しているので、一見すると地味な印象ではありますが、あると嬉しい魅力が備わることが分かります。
後者は、サポカーSワイドから車線逸脱警報と先進ライトが省かれたもので、ペダルを踏み間違える際の加速抑制装置のみが備わります。
ただ、自動ブレーキにおける重要な機能はやはりペダルの踏み間違えで、これが事故の防止や追突事故の回避に繋がっています。
自動ブレーキはAIの技術発展と相まって、今後も高度に進化していく可能性を秘めます。
現状でも素晴らしい成果をあげていますが、更に精度がアップしたり対応する事故発生状況の幅が広まれば、自動ブレーキの有用性は揺るぎないものとなるはずです。
現在は優先度の高い踏み間違いを防止することで、うっかり衝突してしまう事故が減りました。
このように、インプレッサは新しい技術にも柔軟に対応しますから、進化を続ける魅力的な車として評価されています。

広告