インプレッサをカスタムしよう!カッコイイパーツを紹介!

広告

足回りを魅せよう!ホイールはこれ

インプレッサの純正タイヤサイズは205/50R17です。17インチを標準で付けている車種になり、純正のアルミホイールも装着して販売をしています。カスタムを希望してカッコイイ車体にするには、純正のままではなくインチアップを行うことが最も基本です。17インチの場合、20インチが今ではおすすめになり、扁平率を35%程度にすると最適にフィットさせることができます。肝心なことはホイール選びです。インプレッサはスポーツタイプの車種でもあり、新しい型式の車体はスポーティーながらどことなる気品を感じ取るような見栄えです。そのため、足回りを魅せるには20インチでブラックポリッシュタイプを選択することもおすすめの方法です。リム部分にまでスポークの先端が付いているアルミを選んだ場合では、視覚的にインチ数を更に上に見せる効果もあるので、かなりのドレスアップ効果も生み出します。ブラックポリッシュの場合では、アルミ素材と艶あり黒色のみのデザインです。車体の色にコーディネートさせるようにリム用のカラーモールも販売されているので、更にカッコイイ見栄えで他には無いオリジナリティを発揮させるには、このような細かなパーツを組み合わせてみることもおすすめです。

音を魅せよう!マフラーはこれ

インプレッサのマフラーは純正では片側1本出し、片側2本出し、両側4本出しのスポーツタイプに分けることができます。純正品でも十分な機能性を持たせているのですが、カスタムを行うには社外品に交換をすることが一つの方法です。マフラーは排気系パーツになるので、本来であれば排気性能をアップさせることでより一層走行性能を高められるというものです。しかし、せっかく社外品を購入する際には音をチェックしてみることも良い方法です。複数の有名メーカーから販売されているものを見つけられますが、サーキット用ではなく公道を走行させることを前提にしているもの、即ち車検を通過させることを可能にしているタイプでもパーツによって音の違いはあります。高級感を感じられる重低音に設定されているものはドライブ中でも走行させることに満足感を感じることが多いものです。音を重視して選ぶことも良いのですが、見た目を気にしてみることもドレスアップでは欠かせません。ステンレス製で作られているものがメインになりますが、吹き出し部分をチタンにしているマフラーであれば、見栄えをかなり良好にすることができます。耐久性にも優れたパーツを購入することで長い期間にわたってカスタムを楽しめます。

広告

車を魅せよう!エアロパーツはこれ

インプレッサのカスタムを希望する際に、最も効果を感じることができるのはエアロパーツと言っても過言ではありません。外観を良くする効果があり、本来の目的は空力を良好に保つものですが、今流行しているパーツは見栄えも重要視しているものが沢山あります。フロントバンパーとサイドスカート、リアバンパーを全て交換することもでき、フロントグリルも社外メーカーがデザインしたものを利用できます。このような基本となるエアロパーツを購入しても、更にオリジナリティを発揮させる方法もあります。インプレッサの場合、リアに大型のウィングを付ける方法も人気がありますが、現在ではカナードやフィンなども人気があります。これらの中にはインプレッサ用として販売しているものもありますが、いわゆる汎用品として売られているものも流用できます。汎用品の場合では、特にガードモールやフィン、フェンダーモールなど数は豊富にあり、設置する場所は人によって様々なので、エアロパーツに加えてアクセントで取り付けてみることもカッコイイ状態に仕上げられます。車全体を魅せるようにするには最適なパーツが揃っていますが、必ず車検に通るようなパーツ選びをすることも忘れてはならないことです。

広告