インプレッサを検討中の方へ!納期や納車情報を教えます

広告

納期はいつごろ?

インプレッサは、スバルの中でも1番人気と言えるほどの人気をほこっていますので、多くの人が購入する傾向があります。スバルには独特のファンがおり、その人たちがインプレッサを購入している傾向がありますのでトヨタ自動車のように爆発的に売れているわけではありませんが根強い人気を誇るのは他の会社よりも強いと言えるかもしれません。そのような会社の中では、比較的納車が遅いと言われているのがスバルのインプレッサです。
なぜ納車が遅いかと言えば、一つ一つ丁寧に受注をしているからに他なりません。大量生産をしているわけではないので、丁寧に受注をすることで時間がかかってしまうわけです。世の中には、トヨタ方式のようなものがあり、ある程度部品を組み立てておき、いざ発注を受けるとすぐに組み立てることができるため短期間で結果を出すことができる会社もあります。
ですが、インプレッサの場合はおおよそ3ヶ月から2ヶ月ほど待たなければなりませんのでその点は期待しない方が良いでしょう。ですが、それだけ時間をかけたならばしっかりとした自動車になっているのは間違いありません。そのため、時間をじっくりかけて安心して自動車に乗ることを許可されたと言って良いでしょう。

納車待ちはある?

納車待ちがあるかですが、先にも述べた通り納車まで1ヶ月から3カ月ほどかかりますので納車待ちはあるといえます。これにより、その間自動車が来るまで我慢しなければなりませんがそれでも問題ないと考えている人だけ購入をするべきです。なぜこれほど時間がかかるかと言えば、単に生産に対して需要が高いからです。特にスポーツ系に関しては3ヶ月待ちは当たり前になりますので、時間を確保しておかなければなりません。
スポーツ系に関しては、いろいろなオプションをつけることにより納車時期が遅れてしまう可能性があります。そのような場合には、やはり3ヶ月程度の時間を考えておき余裕を持って車を向かい入れることにした方が良いです。もし、少しでも早く手に入れたければ、新古車などを狙ってみましょう。新古車に関しては1週間程度で手に入る可能性が高いです。なぜなら、すでに自動車自体が出来上がっているからです。しかしながら、新古車の場合の問題点としては自動車自体のオプションを選ぶことができない、でしょう。すでにオプションが設定されているためそれ以上減らすことはできません。ですが、逆に増やすことができますので増やしたい場合には問題ないといえます。

広告

納期遅れはでてる?

納期の遅れが出ているかが問題になりますが、基本的に年末年始などを挟んでしまうと納期が遅れる可能性があります。作っているのは工場ですので工場は通常年末や年始はお休みです。この期間稼働させてもそれほど台数はできませんので仕方ないところといえます。年末年始と同じように、ゴールデンウィークを挟む場合やお盆を挟む場合も同様に若干納期が遅れると考えて間違いありません。ただ、工場自体が稼働している可能性もありますので完全に動いていないとは限りません。ただそうだとしても、やはり遅れてしまう可能性は否定できないでしょう。
また、自動車がよく販売される決算期の時期に関しては受注後多くなるためその分遅れる可能性が出てきます。決算期の時期は、営業マンが無理してでも自動車を販売してしまいたいと考えるため、格安で販売されるチャンスと言えるでしょう。もちろん格安といっても10,000円から30,000円程度しか引いてくれない可能性が高いですが、それでも予算が気になる人にとっては良い時期といえます。問題の納車の遅れですが、時期が重なってしまうと2週間から3週間ほど遅れることが考えられるわけです。その点を考慮して、自動車を購入してみるべきでしょう。

広告