インプレッサSTIの買取市場での動向

広告

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!
ディーラーでは10万円の下取りが、
買取業者では50万円になることも
多々あります。
買取サイトを使うことで、
会社独自のルートで手続きするため、
結果的に値段が上るのです。

インプレッサSTIは、あまり値段が落ちることのない車として知られています。通常のミニバンやコンパクト化などは、発売されてから数年すると購入した時の半額程度の値段しかつかないことが多くなります。そのため、売ることに対して後ろめたさを感じてしまうことがあるかもしれません。この程度の金額ならば、わざわざ売る必要がないと感じるものです。

ある程度の傷なら問題ない

しかしながら、買取市場においてはスポーツカーの場合なかなか人気が出やすいところから下取りや売却する場合でもそれなりに満足できる金額になります。具体的にどれぐらいの金額になるかといえば、現行型の場合には300万円台に売れる可能性が高くなっています。もちろん条件としてはいくつかありますが、基本的に水没などしていないことやエンジンがしっかりしていることあるいはボンネットやバンパーなどをぶつけたことによりまるまる取り換えたりしないことです。

もちろん、少しこすって取り換えるぐらいなら問題ありませんが、フレームが回ってしまっている場合などは半額程度の金額になってしまうことも少なくありません。やはり、勝手にハンドルがとられてしまうような自動車だと危険性がつきまとうためそのような価値にならざるを得ないわけです。
80000キロぐらい走行したとしても、そこまで値段が落ちることはありませんので、安心して乗り続けることができるでしょう。

広告

カスタムはしていい?

では、改造した場合はどのように扱われるかといえば、基本的に車検が通らないようなものに関しては問題になりますのであまりそのような自動車を売却してはいけません。これに対して、車検が通るものならばマフラーやホイールなどが取り換えられていたとしても特に問題はないと考えるべきです。パーツを取り換えたからと言って売却価格が下がるわけではないのです。

型落ちが狙い目?

では、型落ちの自動車の場合はどのように扱われるでしょうか。これに関しては、ひとつ前の形ならばそれなりに高い金額で売却される可能性があります。もちろん走行距離が非常に多い場合などは別ですがハッチバック型を好む人も少なからずいるからです。

ただ、それ以上に人気があるのが二つ前の形式になります。二つ前の形は、4ドアとして販売されていましたので、やはりインプレッサは4ドアにかぎると考えている人が少なくありません。そうすると、すでに10年以上も前に販売された自動車にもかかわらず、根強い人気が残っていることがわかります。

結果的に、それほど値段が落ちていないのがポイントになるでしょう。カラーとしては、blueが人気になります。もともと、ラリーで走っていた色がblueですのでそれらが高い金額で売却されると思って間違いないでしょう。それ以外の殻も悪くありませんが、ホワイトなどもブルーの次ぐらいに人気があります。それ以外では、一般的な自動車と同じようにブラックやシルバーなどが人気になっておりその他の色に関しては色だけで値段が上がるようなことはまずありません。

インプレッサを値引き金額から更に安くする方法

「このインプレッサ、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、インプレッサの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

広告

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!

下取りは必ず車買取サイトを使うこと!
ディーラーでは10万円の下取りが、
買取業者では50万円になることも
多々あります。
買取サイトを使うことで、
会社独自のルートで手続きするため、
結果的に値段が上るのです。

広告